子供の脱毛について知らないことって多いものです@その疑問解決します

子供脱毛は身体に影響ない?

子供脱毛を行なう際に、親として気になる部分は子供のうちから脱毛を行なって何かしらの影響が身体に出てこないかどうかという点ではないのでしょうか?何か副作用があるのではないかと親であれば、誰もが考えてしまうことでしょう。

確かに、子供脱毛の中でも脱毛クリームなどの薬剤を利用した方法であると、肌への負担が薬剤により現れやすいので、身体への負担は少なからず出てくるものと思われます。

カミソリや脱毛ワックスなども同様で、特にカミソリであれば刃物ですから、予想しない動きをすれば大きな傷を作る可能性もあり、とても危険です。では今、人気が出てきている光脱毛については何か影響があるのでしょうか。

脱毛サロンでの子供脱毛は子供用に調整をされた脱毛機器を使用しています。大人用よりは光の威力が弱いのですね。そのため、大人が考え心配をする以上に肌へのトラブルなどは起こりにくいと考えられるでしょう。

また、施術前はきちんと専門スタッフがカウンセイリングを行なうので、個々に適した方法で対応をする事と思われます。このことから、光脱毛が他の脱毛方法に比べて一番安全に、そして確実に脱毛が行なえる方法かもしれません。

だからといって、全く影響がないかというとそうでもありません。体調や肌質によっては、多少の赤みや腫れを伴う可能性もありますが、確率的には低いでしょう。以上の事から、どの方法も全く影響の無い方法は存在しないということなりますね。

子供脱毛の効果はどのくらい?

子供脱毛を行なって気になるのはその効果がどのくらいかということです。せっかく行なうのだから、しっかりとした脱毛効果を得たいと考えるのは誰もが思うことですが、子供脱毛の場合は必ずしも期待はできない事の方が多いようです。

それはどうしてかというと、小学生くらい子供脱毛であれば、どうしても成長期という点からホルモンバランスの変化が著しいという事が挙げられます。特に女子であれば小学校高学年くらいから身体は著しい変化をしてきてしまいます。

そのため、その前に子供脱毛を行なったとしても、成長と共に脱毛を行なった部分から再び生えてきてしまったり、それまで気にしなかった部分のムダ毛が濃くなってきてしまうというケースも十分考えられるのです。

では成長期の子供脱毛は全く効果がないのかというと、一概には言えません。光脱毛の仕組みは大人の脱毛と同じに、毛根の底部分の細胞を破壊し毛の再生を減らします。

そのダメージは一度では全て出来ないでしょうが、何度か行なう事で少しずつダメージは蓄積されていき、確実は毛は生えにくくなっていきます。そのため、初めのうちはあまり変化がないと思っても、時間をかけることにより、脱毛の施術をしなかったときよりも確実に生えにくくなっていることが感じられる事が多いようです。

そのことから、子供脱毛の場合は完璧な脱毛は難しい事が多いため、現状を軽減させていくということを目標にした方が良いでしょう。

子供脱毛後の入浴は大丈夫?

子供脱毛を行なった当日について、どのように生活をしたら良いのか気に成りますね。ここでは子供脱毛の施術後についてのポイントを紹介します。特に子供は新陳代謝が活発なので、毎日入浴をすることでしょう。では、光脱毛を行なった後の入浴はどのようにしたら良いのでしょうか?

基本的に、子供脱毛後の入浴は禁止はされていないので体調に問題がなければ入って構いません。しかし、いつもの入浴方法ではなく、少々気をつける点があります。子供脱毛で光脱毛を行なった後は肌表面は軽いやけどを負った状態となっています。

おそらく日焼けのように多少ヒリヒリしている状態となっているはずです。その状態で温度の高いお湯に入ったり、ゴシゴシと身体を洗ってしまっては弱った肌が更に傷つけられてしまい、赤く腫れたり、傷の状態を作ってしまうこととなります。

そのため、子供には入浴の際には肌を労わりながら優しく洗い、ぬるめのシャワーだけで身体を流すようにすることをしっかりと説明して入りましょう。特に低年齢の子供の場合はその理解も難しいかもしれませんが、その後の肌トラブルを回避するためにはぜひとも注意をしてもらいたい部分です。

子供脱毛の方法の中にはあまり肌に負担がかからないものもあるようですが、子供肌は敏感なので無理をしないほうが良いでしょう。入浴前後は肌状態にもよく注意を払って観察をすることです。入浴は特に肌を直接触る行為が多いので気をつけましょう。

脱毛後に必要なケアはある?

子供脱毛の施術を行なった後はそれで終了という訳にはいきません。
子供脱毛が完了するまでは半年くらいの期間が必要で、数回は利用をする事が必要ですので、次回の施術のためにもしっかりと肌のお手入れをしておかなくてはなりません。

ここでは子供脱毛の施術後に必要なケアについてお話をしてみたいと思います。

子供脱毛は光脱毛でも肌の負担がかかりにくいといっても、肌は少なからずダメージを負った状態です。そのため、そのままの状態で放置やいつものような無頓着なケアであればたちまち肌が痛んで、肌荒れや炎症を起こしてしまう事でしょう。

子供脱毛の施術後は入浴の配慮以外にも、過度な日焼けをしないようにすることが必要です。これは日焼けで肌が黒くなると光脱毛ができなくなってしまうのですが、同時に肌が紫外線でダメージを与えられ非常に弱った状態となります。

その状態では光脱毛でも他の方法でも肌への更なるダメージが大きすぎて、肌トラブルの深刻化は免れないでしょう。特に子供の肌であれば尚更です。

そのような事にならないためにも、子供には紫外線を浴びないよう、日焼け対策などをしっかりと行なう事が必要です。屋外活動が多い子供にもなかなか難しいですが、綺麗な脱毛を行なうためには欠かせません。

また、乾燥肌になりやすいためしっかりと保湿ケアも忘れないようにしましょう。乾燥肌であれば脱毛施術も痛みを伴いやすいため、念入りに行なうと良いですね。

子供脱毛は初潮がきてなくても大丈夫?

子供脱毛の光脱毛であれば、最低でも3歳から行なう事ができるといったサロンもあります。3歳からなんて、とビックリしてしまいますが、それでも7歳くらいから行なう事ができるサロンが主流となっています。

ここで疑問に思うことが、女子であれば7歳くらいではまだ初潮を迎えていない子の方が多いことでしょう。しかし、体質によってはすでに手脚のムダ毛が濃いと気にしている子が多いので、子供脱毛を検討したいが、生理が来ないのに大人のような光脱毛をして良いのかどうかと悩んでしまう親も多いかと思われます。

少し前までは、光脱毛は初潮がきていない女子の施術は出来ないというのが常識でした。理由はやはりホルモンバランスの関係です。成長途中である時期に光脱毛を行なっても、再び生えてしまう可能性も高く、更にムダ毛が増える可能性も否定できないからです。

また、ホルモンバランスが不安定であると、予期せぬ肌トラブルもあるかも知れません。そのため、現在でも最低年齢は16歳くらいからで生理が2回以上きている女子と定めているサロンもあります。そのくらいの時期の方が、ワキなどムダ毛の施術もいっぺんにできるくらい生えている場合が多いからですね。

しかし、先に伝えたように今では低年齢から濃い産毛やムダ毛を気にする時代となりました。本人の精神的な安定のためにも、子供脱毛を選ぶことは間違いでもなく、もちろん施術をしても大丈夫なようになっていますので、子供と検討をしましょう。